婦長として始まった新たな人生

 婦長に心底憧れている看護師は、現場に触れる中でさらに婦長になりたいと思うようになったことでしょう。婦長になれば、今以上に看護に深く関われるようになることを見越していて、看護への探求心が強くなることを予期しているのです。婦長は、さぞ看護の世界を知り尽くしているのだろうと考えていて、看護への強いこだわりを抱いていることを感じさせます。婦長になることを悲願にしていても不思議ではなくて、婦長になって看護業界との接点を強固にしていきたいと切に思っているのです。

 今日から看護現場を仕切ることになった婦長は、看護の世界を広く見渡せるようになったと感じていることでしょう。今まで同僚として意識していた仲間を部下として意識して、部下をしっかり導いていくことを肝に銘じていきます。婦長である以上は、看護師が働き易い看護現場となるように尽力していくのが窺えるのです。自分が居てこそ看護現場が上手く回っていくことを多くの看護師に納得させたいと思っています。婦長になったことで、看護師人生が劇的に変化したことを肌身に感じているのです。まるでさなぎから蝶になったかのような心境を抱いていると察せられて、生まれ変わったような心持ちになっています。看護の世界に足を踏み入れたときから、いつの日か婦長となって看護現場を指揮することを夢見ていたのが窺えるのです。その夢を抱き続けて精進を重ねてきたからこそ、今の自分があるのだと深く感じ入っています。婦長としての責任感が、婦長であり続けようとする気持ちにさせるのです。

婦長になるためにはどうすれば良いか